一般社畜 Daidenman

だいでんまんのブログです。2021年1月より投資を開始しました。

「嫌です」と僕が言えなかったから今日は休出記念日

皆様いつもお世話になっております。ダイデンマンです。

 

本日03/06は土曜日です。皆様にとっては何気ないごく普通の休日だろうと思いますが、私に取っては初の休日出勤を行った記念日となりました。

 

いつもは朝7:45くらいに出勤(始業は9:00)でしたが、今日は8:40くらいの出勤でも何も言われませんでした。ラッキー!

さらに午前中は直属の上司がいなかったので、かなりリラックスして仕事ができました。ラッキー!

さらに!なんと16:30に退勤できました!ラッキー!(これはマジ。これは。)

おまけに!明日はリモートワーク!通勤時間0秒なので楽!ラッキー!

 

東京の国立大学を出ても、就職先を間違えるとこうなります。

皆様におかれましては、十分に気をつけていただくよう、よろしくお願い申し上げます。

 

以上です。

 

 

社会人になり、働く前にやっておくべきこと

皆様いつもお世話になっております。ダイデンマンです。

 

私は2020卒で、もうすぐ社会人一周年を迎えます。そんな私が、(ブラック企業で)働く前にやっておくべきだったなと今になって思うことをまとめてみました。

 

1.旅行

まあ無理ですけどね。コロナだし。でも卒業してブラック企業で働くとまとまった休みは取れません。なので旅行に限らずまとまった時間が必要なことは今のうちにやっておいた方が良いです。

 

2.投資

自己投資じゃなくて、不労所得を得るための投資を何かしらしておいた方が良いです。心の安定につながるし、投資を始めるなら早い方が良いです。なるべく低リスクで着実なインデックス投資とかがお勧めです。

 

3.全力でダラダラする

社会人生活は懲役40年ともいわれます。その中で殆どの業界で自己投資は義務とも言われており、ダラダラ休める時間は本当に少ないです。特に私のような底辺ブラック企業勤務だと、平日は6:40起床〜23時過ぎの帰宅までダラダラできる時間はありませんし、休みも睡眠と勉強と少しの趣味ですぐに時間が過ぎ去ります。ダラダラできる時間はとても貴重です。今のうちに全力で休んでください。

 

4.覚悟を決める

上記を全て行ったら、以下の私の記事を読み、覚悟を決めてください。

2020年度卒社会人から、新卒社会人と就活生へのメッセージ - 一般社畜 Daidenman

 

最後に

同じようなテーマでググると、やれ身だしなみがどうとか、英語を勉強しろだとか、愛想よくする練習をしろだとかいう人がいます。まあそういうのも一理あります。将来に備えて行動すれば、確かに社会人生活のスタートはスムーズになるかもしれません。しかし、私たちが生きている"今"を大切にして、今しかできないことをするのもまた重要だと思います。是非、後悔しない方を選んでください。私だったら毎日ダラダラします。

 

以上です。

 

2020年度卒社会人から、新卒社会人と就活生へのメッセージ

執筆日:2021/02/25

皆様いつもお世話になっております。ダイデンマンです。

 

今週の出勤日も残すところあと1日となりましたが、22時より前に会社を出ていないことに気がつきました。カウントされる時間を数えた場合、ペースとしては月80時間です。弊社の新人は毎日1時間以上早く出社させられてることと、毎月出る意味不明なレポート課題2、3個を含めると、実質100時間超えるペースですね。

 

マジでヤバい会社に勤めている人からしたらそうでもないかもしれませんが、私にとってはかなりの長時間残業です。はやく残業少ない会社に転職したい。

 

私が本記事を書いた理由は、俺辛いアピールをしたいわけではありません。ただ、知って、覚悟を決めておいて欲しいのです。

まず1つ目に、どんな会社でも大なり小なり残業は発生するという事。

そして2つ目に、新人の朝掃除や長時間労働が当然の会社というのは実在するという事です。

 

1つ目についてです。

残業がない会社というのは基本的にありません。

仕事には納期があります。そしてそれは、基本的には伸びません。ついでに予算も増えません。一方で要件はどんどん膨れるし、トラブルは確実に起きます。また私は田舎の中小企業で多重下請け構造の末端を担っているのですが、上の人が勝手に客に媚び売って要件が降ってきて詰め込まれます。

こんな事はザラにあります。空想上の話ではなく、実際に私が経験している事です。まずはこれを知り、そして実際にあり得る事だという事を意識し、覚悟を決めてください。

 

2つ目についてです。

新人の朝掃除や、長時間労働が当たり前の会社なんて無いと思うでしょう?

私も自分が実際に経験するまで、そんな会社存在しないと思ってました。

でもね、あるんです。私が生き証人です。

1つ目はなんとなく外から見ることもできるかもしれませんが、2つ目はまず見えません。飼い慣らされた社畜にとっては、朝掃除や長時間労働は当然のことで、その辺りは特に説明しないからです。就活生からも聞きづらい質問かと思います。「あなたの会社はコンプライアンスを守っていますか?」とは聞けないし、聞いたとしても守っているという回答しかこないでしょう。だから、入ってみるまでわかりません。

 

以上、私の現状と社会の現実、そして新卒社会人&就活生へのメッセージでした。

新卒社会人はもうどうにもならないので、諦めて覚悟を決めましょう。就活生は、1と2にあたらないよう、対策を取り日々祈りを捧げましょう。ではまた。

新卒社会人が転職を決意した理由

皆様お世話になっております。ダイデンマンです。

 

今日、転職する事を決意しました。

 

決め手になったのは、役員からのメールです。

内容を簡単に言うと、お前ら朝早く来て雪かきしろよ、という内容でした。

新人は始業1時間以上前に来て掃除をするという謎ルールがあり既に8時前には出社して掃除などの雑務をしています。(当然無給)

しかし、早い人で7時過ぎくらいには出社しているので、朝雪かきをするためにはもう1時間早く来てタダ働きをしなくてはなりません。

 

バカバカしくてやってられません。これ以上は無理です。いくら新人で利益に貢献している率は低いと言っても、これはひどいと思いました。

きっかけがこれというだけで、理由は他にも色々あります。業後家で作業をしたり面談をさせられたりなど(無給)

 

こういった会社が本当にあるという事を、就活生には知っておいてほしいです。見極めるのは難しいでしょうが、なんとか頑張って回避してください。

 

以上です。

投資初心者のロボアド運用報告【運用期間:5週間】

皆様お世話になっております。ダイデンマンです。

 

ロボアドで資産運用を開始してから5週間が経過しました。今回はその結果報告です。

 

5週間で評価損益は+16,648円になりました。

金以外の資産が順調に伸びており、新興国株に至ってはリバランス後から+9%に迫る勢いです。

今後も順調に伸びてくれる事を期待します。

また、分配金として謎の8円が入金されていました。これについては、本当に謎で何なのか不明ですが、貰えるものは貰っておきましょう。

 

以上です。

fx自動売買は絶対にやらない方が良い

皆様お世話になっております。ダイデンマンです。

 

以前から運用していたfxの自動売買ツールで、ついに資産がプラスになりました。

といっても運用はデモ口座で行っており、利益も2万円程です。

fx自動売買は定期的なメンテナンスは必要なものの、放置で良いので負担は少ないです。しかし、これが多くの人におすすめできるものかと問われると、私はハッキリ「できない」と答えます。

 

理由は、以下の通りです。

  1. 自動売買でも、放置はできない
  2. 膨らむ含み損に耐えられない
  3. ゼロサムゲームである

 

それぞれについて解説していきます。

 

1.自動売買でも、放置はできない

fxの自動売買は、大きく分けて2つの戦略があります。

1つ目は、今の値段で買って指定の金額になったら売却するものです。2つ目は、買う値段と売る値段を指定しておくものです。

どちらの戦略を取るとしても、今後価値が上がるのか/下がるのかを自分で判断し、頻繁に取る戦略を変える必要があります。fxの自動売買に興味を持ったあなたは、きっと日々の膨大な情報からその判断をできるだけの能力は、まだついていないと思います。

そのため、とりあえずはじめる、というのは危険です。

 

2.膨らむ含み損に耐えられない

相場を読み間違えると、大きな損を抱える事になります。私はデモ口座で取引を開始し始めたとき、僅か数週間で資産が-150万円になりました。もしこれが自分で働いて稼いだお金だと考えると、とても耐えられるとは思いません。もちろん逆に一気に増えることもあるでしょうが、不安で日常生活にまで支障をきたしてしまうのは火を見るよりも明らかでした。

人間は無意識のうちに、得をするより損をしない方を選ぶそうです。

そのせいもあってか、やはり多くの人にfxでの自動売買は向かないと思います。

 

3.ゼロサムゲームである

ゼロサムゲームとは、参加者全員の利益と損失を足し合わせると、0になるという事です。つまりあなたが損をした一方で同じだけ得する人がいて、あなたが得をした一方で同じだけ損をしている人がいるのです。

そのような中で、私のようなfxの知識に乏しい一般的な人が、専業デイトレーダーのようなfxの深い知識を持った人に対抗できるとは私は思いません。精々、できる人にお金を払って終わりになるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

私がfx自動売買をお勧めしない、3つの理由についてお伝えしました。

皆様の資産運用の一助になれれば幸いです。

 

以上です。

 

 

「宝くじ当てたら仕事を辞める」では一生仕事は辞められない

皆様お世話になっております。ダイデンマンです。

 

今回のテーマは、宝くじです。

 

一攫千金を夢見て、宝くじを購入する人は多いでしょう。宝くじ一等を当てると億単位のお金が得られ、もし当選すれば退職もしくはアーリーリタイアも一気に現実的なものとなります。

 

しかし、退職やアーリーリタイアを目指すのならば宝くじ当選という夢を見るのではなく、現実的なプランを立て、実行することが大切だと私は考えています。

理由は、宝くじの当選確率の低さです。

宝くじの一等の当選確率は1000万分の1以下です。これがどんなに低い確率かというと、落雷に当たるのと同程度の確率だそうです。つまり、現実的に起こらないと考えてまず間違いないでしょう。

 

また、これもよく聞く話ではありますが、宝くじの控除率が高すぎる、ということについてです。

控除率とは、賭け金に対する手数料のことで、

宝くじの控除率は53%にもなります。

これは、例えば1万円分宝くじを買うと半分以上が胴元に持っていかれ、残りを参加者全員で取り合う形となる事を意味します。仮に10億円がほぼ当たるように宝くじを買おうとした場合、20億円分の宝くじを購入する必要があります。

この53%がどれだけ高いかと言うと、他のギャンブルである競馬は約25%、パチンコ等は10%代です。

 

以上の理由から、宝くじは一発当たれば大きいことは確かで、夢を買う分には良いかもしれませんが、退職やアーリーリタイアを目指す人には全く向かないと言わざるをえません。

 

では、何をしたら良いでしょうか。

どうすればアーリーリタイアが現実的なものになるのでしょう。

それはこれから考えます。

 

以上です。